注文住宅とは?メリット、デメリット、規格住宅との違いを解説

query_builder 2024/04/10 注文住宅
この記事では、注文住宅とは何か、そのメリットやデメリット、そして規格分譲や新築一戸建て等との違いについて詳しく解説します。あなたの理想の住まいを見つける手助けになれば幸いです。
ファミリアハウス
ロゴ
住む人の健康に配慮した、自然素材の快適な家を提供しています。実用性にこだわったデザイナーズ住宅や、中庭のある平屋など、様々な注文住宅に対応しており、十和田市でお客様に寄り添った家づくりを行っています。
ファミリアハウス
住所:

〒034-0052

青森県十和田市藤島字角倉内沢129-2

電話番号:
0176-28-2152

注文住宅とは?

まずはじめに、「注文住宅」とは具体的に何を指すのでしょうか?ここではそれについて詳しく解説します。

注文住宅の基本的な概念

注文住宅の基本的な概念について説明します。注文住宅は、自分の希望するライフスタイルや価値観に合わせた住まいを設計・建築する方法です。つまり、一軒家を建てる際に、自分の理想やこだわりを反映させることができるのが注文住宅の特徴です。例えば、間取りや内装、外観など、細かな部分まで自由にカスタマイズできます。

注文住宅を選ぶ人々の中には、家族構成や生活習慣、趣味や嗜好品の収納スペースなど、自分たちに合った住空間を望む方が多いです。また、将来のライフプランを考慮して、将来の子供の成長や高齢化に対応した住まいを設計することも可能です。

さらに、注文住宅では住まいのエネルギー効率や省エネ設備、耐震性など、安心・安全面にもこだわることができます。例えば、断熱性の高い窓や壁、エコな家電機器の導入など、快適な環境を保ちながらエネルギーの節約にも繋がります。

しかしながら、注文住宅にはいくつかの注意点もあります。例えば、建築費用が規格住宅に比べて高くなる可能性があることや、設計や建築には時間がかかることが挙げられます。自分たちの希望に合った住まいを実現するためには、事前にしっかりと計画を立て、予算や納期についても考慮する必要があります。

このように、注文住宅は自分たちの理想の住まいを実現するための一つの手段です。自由な設計やカスタマイズの幅広さが魅力であり、ライフスタイルに合わせた住まいを実現することができます。

注文住宅の特徴

注文住宅の特徴について解説します。一般的に注文住宅は自由度が高い反面、コストや時間がかかるという特徴があります。

まず、自由な設計が注文住宅の大きな特徴です。自分の理想やこだわりを反映させるために、間取りや内装、外観について細かなカスタマイズが可能です。例えば、オープンキッチンや大きなウォークインクローゼット、ワークスペースや趣味の部屋など、自分たちのライフスタイルに合った空間をつくることができます。また、建材や仕上げ材の選択においても自由度が高く、自分たちの好みやこだわりに合わせた素材を使用することができます。

さらに、注文住宅では建物のエネルギー効率や耐震性にもこだわることができます。断熱性の高い材料の採用や、太陽光発電システムや高効率な給湯・冷暖房設備の導入など、快適で省エネな住環境を実現することができます。また、住まいのデザインにも独自性を求めることができ、自分たちだけの個性的な外観を実現することも可能です。

しかしながら、注文住宅にはいくつかのデメリットも存在します。まず、建築費用が規格住宅に比べて高くなる場合があります。自由な設計やカスタマイズによる追加工事や特別な材料の使用などによる費用増加が起こりえます。また、設計や建築には時間がかかることもありますので、引っ越しまでの繋ぎの住まいを確保する必要があるかもしれません。

以上が注文住宅の特徴です。自由な設計とカスタマイズの幅広さが魅力であり、自分たちのライフスタイルや好みに合わせた住まいを実現できます。しかし、費用や時間についても注意が必要です。それでも、理想の住まいを創り上げるためには、注文住宅を選ぶことが一つの選択肢として考える価値があります。

注文住宅のメリット

注文住宅を選ぶ大きなメリットをいくつかピックアップしてご紹介します。

自由な設計

自由な設計について解説します。注文住宅を選ぶ大きなメリットの一つが、自分のライフスタイルに合った自由な設計が可能であることです。

自由な設計では、まず間取りにおいて自由度が高いです。例えば、リビングとダイニングを繋げて広々とした空間をつくったり、家族のプライバシーを確保するために寝室を別のフロアに配置するなど、自分たちの希望に合わせた間取りを考えることができます。また、将来の子供の成長や高齢化に備えて、部屋の数や配置を変更することも可能です。

また、内装においても自由な設計が可能です。壁や床の素材、キッチンやバスルームの設備、照明など、細かな部分まで自分たちの好みやこだわりに合わせて選ぶことができます。また、収納スペースに関しても自由な設計ができます。例えば、パントリーや書斎、ウォークインクローゼットなど、自分たちの生活スタイルに合わせた収納スペースを設けることができます。

さらに、外観においても自由な設計が可能です。建物の形状や屋根のデザイン、窓の配置など、自分たちの個性や好みに合わせた外観を実現することができます。また、庭やガーデンの設計においても自由度が高く、自分たちの趣味やライフスタイルに合った造園計画を立てることもできます。

自由な設計が注文住宅の大きな魅力の一つです。自分たちの理想の住まいを実現するためには、プロとのコミュニケーションや十分なプランニングが必要です。しかし、自分たちの希望やこだわりを反映させた自由な設計は、理想の住まいを実現するために非常に重要な要素です。注文住宅なら、自分たちのライフスタイルに合った住まいを創り上げることができます。

こだわりを形に

こだわりを形にすることについて説明します。注文住宅では、自分たちの好みやこだわりを具体的に形にすることができます。

まず、建材や素材にこだわることができます。例えば、木材の種類や仕上げ具合にこだわることで、自然素材の温かみや風合いを感じる住まいをつくることができます。また、石やタイル、ガラスなどの外装材にこだわることで、個性的で美しい外観を実現することも可能です。

さらに、内装においても細部までこだわることができます。例えば、床材や壁材、建具のデザインや色合い、ハードウェアの選択など、自分たちの好みやライフスタイルに合った素材やデザインを選ぶことができます。また、照明についてもこだわることで、心地よい光の演出やアクセントを加えることができます。

さらに、空間の使い方や設備にもこだわることができます。例えば、趣味や特技に合わせたスペースを設けることで、自分の個性を存分に発揮することができます。また、キッチンや浴室などの設備にもこだわることで、快適で便利な生活を送ることができます。例えば、キッチンには大型の調理スペースや収納スペースを設けることで、料理好きな人にとって理想的なキッチン環境をつくることができます。

こだわりを形にすることは、自分たちの理想の住まいを実現するために非常に重要です。注文住宅なら、自分たちの好みやこだわりに合わせた選択ができるため、他の住まいに比べて独自性や個性が光ります。自分たちのライフスタイルに合わせた住まいをつくるためには、こだわりを持ち、自由な設計とともに様々な要素にこだわることが大切です。

注文住宅のデメリット

一方で、注文住宅を検討する際にはデメリットも認識しておくべきです。

高価な費用

高価な費用について解説します。注文住宅を選ぶ際には、他の住まいに比べて高額な費用がかかる可能性があります。

まず、注文住宅では自由な設計やカスタマイズができるため、追加工事や特別な材料の使用などにより建築費用が増加することがあります。自分たちの希望やこだわりを反映させるためには、少なからず予算への余裕が必要です。また、設計や施工において専門知識を持った建築家や職人を必要とするため、それらの人材費用もかかることがあります。

さらに、注文住宅では建築費用以外にも様々なコストがかかることがあります。例えば、土地の購入費用や開発費用、建築許可申請の手数料などが挙げられます。また、配管や電気設備、インターネット接続などの設備工事にも費用がかかることがあります。これらの費用を十分に考慮して、予算計画を立てることが重要です。

ただし、費用が高くなることは必ずしもマイナスとは言えません。注文住宅では、自分たちの理想の住まいを実現するために多くの選択肢があり、高品質な建材や設備を使用することができます。また、将来のメンテナンスやランニングコストの面でも効果的な投資となることもあります。

注文住宅を選ぶ場合は、建築費用や関連費用についてしっかりと考慮し、予算を管理することが重要です。プロとも相談しながら最適なプランを立て、無理のない範囲内で希望に合った住まいを実現することが大切です。注文住宅は費用が高くなる傾向があるものの、その分自由度や品質面で多くのメリットがあるため、十分な検討を行い賢く選ぶべきです。

納期までの時間

納期までの時間について説明します。注文住宅を建てる際には、設計や建築に時間がかかることがあります。

まず、注文住宅では自分たちの希望やこだわりを反映させるために、設計の段階から時間を要します。建物の間取りやデザイン、内装や外装の仕上げなど、細かな部分まで自由にカスタマイズするため、計画と調整が必要となります。これには、建築家や設計士との打ち合わせや意思疎通が欠かせません。

また、建築工事にも時間がかかることがあります。土地の状況や地盤調査、建物の規模や複雑さによって工期が変動することがあります。さらに、建築工事には様々な工程があり、それぞれの工程ごとに時間がかかることもあります。例えば、基礎工事や骨組みの施工、仕上げ工事など、一つ一つの工程には時間と手間がかかるのです。

納期までの時間は、引っ越しまでの繋ぎの住まいを確保する必要があることも考慮しなければなりません。また、予定よりも遅れる場合には、納期の調整やスケジュールの見直しが必要になることもあります。建築工事はプロジェクトの進行状況や様々な要素によって影響を受けるため、柔軟な対応が求められます。

注文住宅を建てる場合は、時間に余裕を持ってプランニングすることが重要です。良き住まいをつくるには時間と手間がかかることを念頭に置き、専門家との協力やコミュニケーションをしっかりと行いましょう。納期までの時間が長くなることはあるかもしれませんが、その分自分たちの理想の住まいを実現するための努力と待ち時間には、十分な価値があります。

規格住宅との違い

よく比較される規格住宅との違いを見ていきましょう。

規格住宅とは

規格住宅とは何かについて説明します。規格住宅は、建築会社が設定したプランに従った住まいのことを指します。

規格住宅は、建築会社があらかじめ設計し、一定のプランや仕様を持って販売されます。つまり、類似した間取りやデザイン、設備が提供され、一定の固定価格で販売される住宅です。

このような規格住宅は、建築会社が大量生産や効率化を図ることでコストを抑え、数多くの住宅を提供することが可能となっています。また、建築工期も短く、早期に入居することができるのも特徴の一つです。

規格住宅は、住宅性能の標準化や省エネルギー性に配慮されており、必要な設備や機能も十分に備えられています。一般的に必要な設備や基本的な仕様は統一されているため、間取りや設備について特別な要望がない場合は、手軽に住宅を購入することができます。

また、規格住宅は価格が比較的安定しています。建築会社が決めた価格プランに基づいて販売されるため、見積もりの段階で明確な価格が提示されます。これにより、予算感に合わせて選択することができるというメリットがあります。

規格住宅は、手軽に住宅を購入したい方や、特にこだわりがない方にとって魅力的な選択肢となります。価格や工期、性能の標準化などが魅力であり、スムーズに住宅を手に入れることができます。ただし、自由な設計やカスタマイズの幅は限られており、個々の要望やライフスタイルに完全に合わせることはできません。

規格住宅と注文住宅の比較

規格住宅と注文住宅の比較について説明します。規格住宅と注文住宅は、それぞれ異なる特徴やメリットを持っています。

まず、価格や納期の面で比較してみましょう。規格住宅は、建築会社が設定したプランに基づいて販売されるため、価格が比較的安定しています。見積もりの段階で明確な価格が提示され、予算感に合わせて選択することができます。また、建築工期も短く、早期に入居が可能となるのも特徴です。一方、注文住宅は自由な設計ができるため、建築費用は規格住宅に比べて高くなる可能性があります。また、設計や建築には時間もかかるため、引っ越しまでの繋ぎの住まいを確保する必要があるかもしれません。

次に、設計の自由度やこだわりの面で比較します。規格住宅は、建築会社があらかじめ設計したプランに従いますので、間取りやデザインにおいては選択肢が限られています。一方、注文住宅では自由な設計が可能であり、自分たちの理想やこだわりを具体的に形にすることができます。細かな間取りや内装、外装に至るまで、自分たちの好みやライフスタイルに合わせてカスタマイズすることができるのです。

さらに、建材や設備における品質や性能にも差があります。規格住宅は、一定の基準や標準的な設備が提供されていますが、特別な要望に対応することは難しい場合があります。一方、注文住宅では、自由な設計の幅広さに伴い、建材や設備にこだわることができます。高品質な建材や最新の設備を選ぶことで、快適で快適な住環境を実現することができます。

規格住宅と注文住宅は、それぞれ異なるメリットと特徴を持っています。規格住宅は手軽に住宅を購入したい方や特にこだわりがない方に適しており、価格や工期の面でメリットがあります。一方、注文住宅は自分たちの理想の住まいを実現したい方やこだわりを具体化したい方に向いており、自由な設計やカスタマイズの幅広さが魅力です。どちらを選ぶかは、予算や希望に合わせて慎重に考慮する必要があります。

新築一戸建てとの違い

新築一戸建ても一般的な選択肢の一つですが、これと注文住宅とは何が違うのでしょうか?

新築一戸建てとは

新築一戸建てとは、先に建設された住宅を購入する形式の住まいを指します。

新築一戸建ては、建築会社や不動産会社が自社で建てた住宅を販売するものであり、一般には「新築戸建て」とも呼ばれます。建築済みの住宅を購入するため、即入居が可能な点が特徴です。

この形式の住まいを選ぶことで、建築にかかる時間や手間を省くことができます。また、完成した住宅を見学できるため、気に入ったデザインや間取りのものを選択することができます。さらに、新築であるため、住宅の品質や性能も高く、安心して暮らすことができます。

新築一戸建てでは、建築会社や不動産会社が建物や土地をセットで販売する場合がほとんどです。そのため、土地の選定や手続きなども含めて一括で行うことができます。また、住宅ローンや融資の手続きもスムーズに進められることが多いです。

しかし、新築一戸建てにも注意点があります。まず、建築事業者や不動産会社が選択の幅を提供しているため、設計や間取りの自由度は比較的制限されています。自分たちの希望に完全に合わせたカスタマイズは難しい場合があります。また、価格も一括購入となるため、一般的には注文住宅や規格住宅に比べて高額になることがあります。

新築一戸建ては、即入居が可能であるため、手間や時間を省きながら新築の住まいを手に入れることができます。品質や性能も高く、建物と土地を一括で購入することができるため、手続きもスムーズです。希望の住まいが見つかった場合や時間的な制約がある場合には、新築一戸建てが適切な選択肢となるでしょう。

新築一戸建てと注文住宅の比較

新築一戸建てと注文住宅を比較してみましょう。両者は異なる形態の住まいであり、それぞれにメリットや特徴があります。

まず、新築一戸建ては即入居が可能であるため、手続きや工期にかかる時間を省くことができます。完成している住宅を見学し、気に入ったデザインや間取りを選択することができます。また、建物と土地を一括で購入するため、一般的には手続きもスムーズです。一方、注文住宅は自由な設計が可能であり、自分たちの理想の住まいを実現することができますが、建築やカスタマイズに時間と手間がかかることがあります。

次に、価格や設計の自由度の面で比較してみましょう。新築一戸建ては、建築会社や不動産会社があらかじめ設計し、価格を設定して販売されます。建物の価格は比較的安定しており、一括購入できるため予算感に合わせて選択することができます。一方で、注文住宅は自由な設計ができるため、建築費用は新築一戸建てに比べて高くなる可能性がありますが、自分たちの好みやこだわりを反映させることができます。

さらに、建物の品質や性能も比較してみましょう。新築一戸建ては、確定している規格を基に建築されているため、基準に従った高品質な住まいが提供されます。注文住宅も自由な設計に伴い、自分たちの要望に合わせた品質や性能を実現することができます。

新築一戸建てと注文住宅は、それぞれに特徴があります。新築一戸建ては即入居が可能で手続きが容易ですが、設計の自由度が制限される場合があります。一方、注文住宅は自由な設計やカスタマイズが可能ですが、建築費用や工期に時間と労力がかかる場合があります。どちらを選ぶかは、予算や希望に合わせて慎重に考慮して決めるべきです。

注文住宅と旅行の関連性

一見関連が薄いように思える「旅行」と「注文住宅」ですが、実は深い関連性があります。

旅行と住まい作りの意外な共通点

旅行と住まい作りの意外な共通点について考えてみましょう。実は、旅行には住まい作りにつながる意外な共通点が存在します。

旅行は、新しい景色や文化に触れることで自分自身を見つめ直すきっかけとなります。同様に、住まい作りも自分の生活スタイルや価値観を再考する機会となります。旅行先で感じた心地よさや快適さを、自分の住まいにも取り入れることができるのです。

例えば、旅行で出会った建物やインテリアのデザインは、住まい作りの参考になります。それぞれのスタイルや個性を観察し、アイデアやコンセプトを自分の住まいに取り入れることができます。さらに、新しい風景に触れ、自然素材やカラーパレットに魅了されることもあります。これらの要素は、住まいのデザインや内装においても活かすことができます。

また、旅行で得た新たな視点は、住まい作りにも役立ちます。異なる場所や文化に触れることで、自分たちのライフスタイルに適した要素や機能を見つけることができます。例えば、地域ごとに異なる気候や風土に合わせた設備や工夫を導入することで、快適な住環境を追求することができます。

旅行は、新しい発見や体験を通じて自己成長を促すものです。同様に、住まい作りも自己実現の一環となります。自分自身の理想やこだわりを追求し、自分らしい住まいをつくることができます。旅行で得た新たな視点やアイデアを取り入れることで、より良い住まい作りを実現することができるのです。

旅行と住まい作りには、意外な共通点が存在します。旅行先で出会った建築やデザインからのインスピレーションや新たな視点を取り入れることで、自分らしい住まいを実現することができます。旅行が住まい作りの参考となり、さらなる創造性と個性を醸し出すきっかけになるのです。

旅行で得る新たな視点

旅行で得る新たな視点について考えてみましょう。旅行は、新しい場所や文化に触れることで、自分にとって新たな視点を得ることができます。

まず、旅行により自分の好みや嗜好が変わることがあります。異国の料理や現地の文化に触れることで、自分の食事の好みやライフスタイルに対して新たな興味や関心が芽生えることがあります。これらの体験は、住まい作りにおいても影響を与えるでしょう。例えば、旅行先で出会った料理の味や風景に魅了され、自分の住まいにそれを取り入れることができます。

さらに、旅行により新たなライフスタイルや価値観に気付くことがあります。別の地域や文化に触れることで、自分の普段の生活に対する考え方や優先事項が変わることがあります。たとえば、自然環境に触れることで環境保護の大切さに気付いたり、他文化の人々との交流から多様性や共生の考え方を学んだりすることができます。これらの新たな視点は、住まい作りにおいても重要な要素となります。

また、旅行は自己成長やアウトプットを促すものです。新しい環境や体験を通じて、自分自身に対する理解を深めることができます。旅行先での感動や学びを活かし、自己実現のための住まい作りを行うことができます。例えば、自然環境に感銘を受けた場合、自宅周辺の自然環境を大切にするための工夫や設計を行うことができます。

旅行で得る新たな視点は、住まい作りにおいて大いに役立つものです。自分自身の好みや嗜好や、ライフスタイルや価値観の変化を反映させることで、より満足度の高い住まいを実現することができます。旅行で得た新たな視点を住まい作りに活かし、より充実した生活を送るための環境を創り上げることが重要です。

愛犬と一緒の注文住宅

ペットと共に暮らすための注文住宅づくりについて考えてみましょう。

愛犬との暮らしを考慮した注文住宅

愛犬との暮らしを考慮した注文住宅について考えてみましょう。注文住宅なら、愛犬との快適な暮らしを実現するための細かな設計や工夫が可能です。

愛犬との暮らしを考慮した注文住宅では、まず室内犬のためのスペースを設けることができます。例えば、犬専用のランや運動スペース、トイレスペースなどを設けることで、愛犬が快適に過ごせる環境をつくることができます。さらに、犬の食事やトリミングなどの世話をしやすくするためのスペースや収納も考慮することができます。

また、愛犬の安全性にも配慮することができます。例えば、床材や壁材の選択においては、傷や汚れが付きにくい素材を選ぶことができます。さらに、室内での愛犬との接触を制限するためのドアやフェンスの設置など、安全な環境をつくることも可能です。

また、住まいの周辺には愛犬が快適に過ごせるような環境づくりも重要です。例えば、散歩コースやドッグランが近くにある場所を選ぶことで、愛犬の運動や社交の機会を確保することができます。さらに、庭やバルコニーには愛犬のためにしっかりとしたフェンスや安全な遊びスペースを設けることも考えられます。

愛犬との暮らしを考慮した注文住宅では、愛犬とのコミュニケーションや生活の質を向上させるための細かな工夫が可能です。犬のためのスペースや設備、安全性や利便性などを考慮した設計により、快適で安心な住まいを創り上げることができます。愛犬との絆を深めながら、豊かな暮らしを実現するためには、愛犬との暮らしを考慮した注文住宅が一つの選択肢として考えられます。

愛犬を考慮した設計例

愛犬を考慮した設計例について考えてみましょう。注文住宅では、愛犬との共同生活を快適に過ごすための様々な設計や工夫が可能です。

まず、愛犬のためのスペースを設けることが重要です。例えば、犬のためのランやトイレスペース、寝床のスペースなどを設計に取り入れることができます。また、犬の世話やトリミングなども考慮し、作業スペースや収納スペースを設けることもできます。

次に、愛犬の安全性を考慮した設計も重要です。床材や壁材の選択においては、傷や汚れが付きにくい素材を選ぶことができます。さらに、愛犬が室内で閉じ込められてしまうことを防ぐために、ドアやフェンスの設置を検討することもできます。

また、愛犬との快適な暮らしを実現するために、庭やバルコニーにも配慮することができます。犬用の遊びスペースや安全なフェンスを設けることで、愛犬が安心して外で過ごせる環境を作り上げることができます。

さらに、愛犬のための便利なアイテムやインフラストラクチャーを導入することも考えられます。例えば、フードストレージや犬用のシャワースペース、快適な温度調節システムなどを設計に取り入れることができます。

愛犬を考慮した設計は、愛犬との共同生活を円滑にするための重要な要素です。犬のためのスペースや安全性、便利な設備の確保などを考慮し、愛犬との快適で幸せな暮らしを実現することができます。愛犬との絆を深めながら、注文住宅の設計に愛犬の暮らしを取り入れることで、より豊かな生活を送ることができます。

注文住宅を選ぶための相談

注文住宅を選ぶにあたって、一人で考えるのではなく、プロの意見を聞くことも大切です。

プロに相談するメリット

プロに相談するメリットについて考えてみましょう。注文住宅を選ぶ際には、専門知識を持つ設計士や工務店に相談することが重要です。

プロに相談することで、専門的な知識や経験を活かしたアドバイスを受けることができます。設計士や工務店は、住宅のデザインや設計に関する専門知識を持っており、理想の住まいを実現するための適切なアドバイスを提供してくれます。また、プロには優れたデザインセンスや機能性の視点があり、高品質な住まいを創り上げるためのサポートをしてくれます。

さらに、プロに相談することで、段取りや予算管理などのプロジェクト管理を任せることができます。建築プロジェクトは様々な工程や手続きがあり、それらを一括で管理することは容易ではありません。プロに相談することでスムーズな進行や問題の解決が可能となり、ストレスの軽減にも繋がります。

プロに相談する際には、自分の希望や予算、理想の暮らし方について明確に伝えることが重要です。相談を通じてコミュニケーションを図り、イメージや要望を的確に理解してもらうことが必要です。プロとの協力は、注文住宅の成功において不可欠な要素であり、理想の住まいを実現するための最良の選択肢の一つです。

プロに相談する際の注意点

プロに相談する際の注意点について考えてみましょう。設計士や工務店に相談する際には、以下の注意点を念頭に置いておくことが重要です。

まず第一に、明確な要望と予算を持って相談に臨むことが大切です。自分の希望や理想の住まいについて明確なイメージを持ち、それを的確に伝えることが必要です。同時に、予算の範囲内での設計や工事が行われるように、予算についても明示しておくことが重要です。

また、プロとのコミュニケーションを図ることも重要です。プロには専門的な知識や経験がありますが、それを的確に伝える必要があります。互いの意見や要望を共有し、共同作業として進めることで、より良い結果を生み出すことができます。

さらに、相談する際は複数の建築家や設計士と比較することもおすすめです。異なる専門家の意見やアイデアを聞くことで、より多角的な視点を得ることができます。その上で、プロフェッショナルとの相性や信頼関係を重視し、自分に合ったパートナーを選ぶことが重要です。

プロに相談する際には、明確な要望と予算を伝え、プロとのコミュニケーションを密にしましょう。複数の専門家と比較検討することも忘れずに行い、自分に合ったパートナーを選ぶことが注文住宅の成功につながるでしょう。

ファミリアハウス
ロゴ
住む人の健康に配慮した、自然素材の快適な家を提供しています。実用性にこだわったデザイナーズ住宅や、中庭のある平屋など、様々な注文住宅に対応しており、十和田市でお客様に寄り添った家づくりを行っています。
ファミリアハウス

〒034-0052

青森県十和田市藤島字角倉内沢129-2

NEW

CATEGORY

ARCHIVE

TAG